PLAY TRUE 2020

PLAY TRUE 2020

“PLAY TRUE トーチリレー” は、東京2020のレガシー事業の一環として、
国や競技、世代の異なる様々なアスリートたちが参加する、
「スポーツのTRUTH」を世界、未来へつなぐプロジェクトです。

アスリートが、スポーツや人生を通して大切にしている自分自身の中にある「TRUTH」を、
世界で1つの「巻物トーチ」に込め、
メッセージのリレーとして、世界へ、未来へとつなぎます。

波状に向かい合う2本の曲線からなる文様「立涌(たてわく)」。
金色に輝く巻物の表にはこの文様があしらわれています。
アスリートたちの「TRUTH」それぞれが、世界へ、未来へつながるものとして、
果てしなくつながっていく「立涌」の軌跡とともに巻物に包まれます。
全てのアスリートの「TRUTH」をつなぐその「巻物」は、スポーツの無限の可能性を象徴しています。

“TRUTH in Sport” × “TRUTH in ME”
それは、アスリート自身がスポーツと向き合っていくうえで最も大切にしている、「真実」 の言葉。
アスリートが紡ぎだすその言葉には、「スポーツの真実」が含まれています。
巻物の中には世界地図が描かれ、アスリートは自身の出身地にサインやスタンプとともに
未来へ残す「TRUTH in Sport」を書き残し、メッセージのリレーをしていきます。